TOP > 宮本理三郎の作品「とかげ」

買取実績

宮本理三郎の作品「とかげ」

2019.09.21

~ひるねこ堂 スタッフブログをご覧頂き、ありがとうございます!~

 

お客様より買取致しました宮本理三郎の作品「とかげ」。

 

本日は宮本理三郎の作品「とかげ」ついてご紹介いたします。

 

-----------------------------------------

 

 

 

 

 

-----------------------------------------

 

宮本理三郎は、明治37年(1904年)大分県に生まれる。
号は方円・遊翁・元院友、各地を転々としていたためか、通り名のように複数の号を使っていたようです。

 

■~師事~■

 

師は佐藤玄々(さとう げんげん)※当時の号は佐藤朝山、20世紀最も日本で活躍した彫刻家です。
1888年に宮彫り師の家に生まれたことで、幼い頃から木彫の技術を学んでいました、
後に上京、師である山崎朝雲に師事していましたが、朝雲主催による北村西望、朝倉文夫らが参加するコンペがきっかけで憤慨(ふんがい)し、師弟の関係を絶ったとされます。
朝山である号は返上し、1948年に新たに玄々と号した、1925年に弟子を迎え入れていた人物が宮本理三郎である。

 

■~アトリエ~■

 

理三郎は茨城県にアトリエを設け、活動の拠点に。
1929年に第14回日本美術院展「赤蛙」が入選、1929~1943年まで少なくても14回の入選す るなど着実に実績を積み上げ、個展を主催すまでに実力をつけました。
大田区密乗院に不動明王、矜羯羅童子、制多迦童子、深川法乗院閻魔堂には閻魔大王を納めるなど貢献もしていたようです。

 

-----------------------------------------

 

現在では親子であり、内弟子でもある宮本中人(みやもと なかひと)に代を引き継ぎ、
宮本家をアトリエとして現在も家族による作品製作に励まれています。

宮本理三郎は小動物や静物を得意としていた木彫家です、特に小動物などは執拗に観察し続けて、その上で初めて製作に取り掛かる徹底ぶりです。
生命感だけではなく、特有の仕草、その一瞬の姿をきちんと捉えて立体造形にしていくその作品はどれも躍動感溢れる作品です、素材に使う元の材料すらも分からない程の完成度の作品もございます。

宮本理三郎の作品「とかげ」をお持ちの方は、ひるねこ堂へ査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

ひるねこ堂では宮本理三郎を高価買取致しております。

宮本理三郎をお手持ちの方は是非ご相談下さい。

骨董品・美術品の高価買取、蔵整理・遺品整理なら「ひるねこ堂」にお任せ下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

買取実績

カテゴリー

アーカイブ

お電話での査定は

※18時以降は携帯に転送されますので折り返しの際は【09095401419】からの着信となります。

ひるねこ堂の遺品整理

ひるねこ堂の遺品整理