TOP > 【人間国宝・帝室技芸員】清水卯一「蓬莱白彩湯呑」を買取り致しました。

買取実績

【人間国宝・帝室技芸員】清水卯一「蓬莱白彩湯呑」を買取り致しました。

2020.04.23

大阪府 東大阪市のお客様より【人間国宝・帝室技芸員】清水卯一「蓬莱白彩湯呑」を買取り致しました。

 

■~詳細~■

清水卯一(しみず ういち)

1926年 京都五条坂、京焼陶磁器の卸問屋に生まれる
1940年 石黒宗麿に師事
1960年 第7回日本伝統工芸展 高松宮総裁賞受賞出品作品「鉄釉大鉢と小鉢」文化庁買上

1985年 鉄釉陶器により重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受ける

1992年 滋賀県文化賞受賞 京都市文化功労者の称号を受ける
1996年 京都新聞夕刊に「たどり来し道」を連載する 朝日新聞社主催古希記念清水卯一展開催(パリ・三越エトワール)
1997年 朝日新聞社主催古希記念清水卯一展の帰国展を開催(東京・京都・大阪)
1998年 京都府文化賞特別功労賞受章
2004年 2004年2月18日 没 (77歳)

京焼陶磁器卸問屋を営む家系の生まれ、11歳の時に父親が急死したため、家業を継ぐことを目的として立命館商業学校に入学。
しかし、作陶に興味を頂いた影響により2年修了後中退。
14歳で石黒宗麿に師事し、通い弟子として陶芸を学ぶも国の戦時体制強化が影響したため弟子期間は数か月に終わりに。
自宅にろくろ場を設け自作を開始、日根野作三、水町和三郎の指導を受けつつも、ほとんどは自宅陶房を中心に自作製作に時間を費やす。
1958年(昭和33年)開催のブリュッセル万国博覧会にてグランプリを獲得したことを皮切りに日本国外でも高い評価を得ることとなった。

 

■~作家・銘~■

清水 卯一(しみず ういち)京都府生まれの陶芸家、重要無形文化財の保持者保持者。

 

■~高価買取中~■ ※実勢価格に関しては都度問い合わせ下さい。

 

 

ひるねこ堂では「清水卯一」の作品を高価買取り致しております。

「清水卯一」の作品をお手持ちの方は是非ご相談下さい。

 

骨董品・美術品の高価買取、蔵整理・遺品整理なら「ひるねこ堂」にお任せ下さい。

 

~大阪府での美術品売却なら~
(大阪市・堺市・能勢町・豊能町・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・千早赤阪村・富田林市・大阪狭山市・河内長野市)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

買取実績

カテゴリー

アーカイブ

お電話での査定は

※18時以降は携帯に転送されますので折り返しの際は【09095401419】からの着信となります。

ひるねこ堂の遺品整理

ひるねこ堂の遺品整理